> 自動車ローンとキャッシングの審査

自動車ローンとキャッシングの審査

自動車を購入するときには、自動車ローンを組んでから
購入するケースも珍しくありません。ある程度オプションをつけたり
グレードを上げるとどうしても金額が高くなってしまいますし、
自動車はいきなり故障したりすることもありますので、
たくわえができる前に買い替えを余儀なくされるケースもあります。

そのため、ディーラーではどこも自動車ローンを組めるようになっており、
全額現金で払えない人でも購入ができます。

ただし、自動車ローンでも所定の審査があり、これに通過しなければ
自動車の購入事態を諦めなければならなくなります。

自動車ローンの場合、購入予定の自動車の所有者はローンを完済するまでは
ディーラーやローン会社になっています。

しかし、自動車は劣化が激しい商品ですので、
担保価値としてはあまりローンに反映されません。
やはり、申し込みをした人の支払い能力が重点的なポイントとなりますので、
審査では、年齢や職業、勤務先、年収、勤続年数、他社からの
借入などを重点的にチェックされます。

また、自動車ローンは高額の融資になりますので、
信用情報で何か問題があった場合にはまず融資はおりないと
考えておいた方がよいでしょう。

自動車ローンが利用できなかった場合は、金額によってキャッシングもあり

自動車ローンが何らかの理由で利用できなかった場合には、
金額によってはキャッシングを利用するという方法もあります。
キャッシングの審査は安定した収入があり、
過去の取引等で何の問題もなければ比較的誰でも
利用できるようになっていますので、融資を受けやすいところを
選んで申込むと借入ができるでしょう。

但し、自動車ローンのように購入代金全額を借りることはできない場合もありますので、
常日頃からある程度の蓄えを残しておく必要があります。
キャッシングの場合は総量規制といって、年収の3分の一までしか
借りることができませんので、どうしても頭金が足りない場合には、
自動車のグレードを落とすなり、身内に建て替えてもらうなどの対策が必要です。

カードローン情報

目的別ローン