> 審査基準を理解してカードローンを申請する

審査基準を理解してカードローンを申請する

カードローンを申請するときには、
審査基準を理解してから行うことが賢明になります。

融資のサービスというのは、貸したお金をきちんと返してくれるかどうかを
判断するために審査が設けられています。

この審査というのはサービスを提供している金融機関によって
各々異なっているのですが、実はカードローンのような少額融資を
基本とするサービスに関しては、その基準が非常に明快になっているのです。

基本的に審査は収入と信用度で判断される

なぜかと言うと、他の融資のサービスとは適用される法律が異なっているからです。
キャッシングのような小口のサービスでは、基本的に所得の証明ができれば
本審査は通ると思って間違いありません。
カードローンにおける審査基準は少し特殊で、所得の証明に関しても
少し変わった確認方法が採用されています。

在籍確認で会社へ在籍しているかを確認し収入の証明

この審査の事を在籍確認と言います。
本来、所得の証明をするときには、お金を借りる人が
金融機関に対してそれを証明するための書類を提出するか、
郵送で金融機関に対して届けなくてはいけません。

しかし、手軽にお金を借りることが出来るカードローンでは、
こうした書類を提出させずに直接その人が働いている仕事場に
連絡をするという方法によって確認を行なっているのです。
仕事場に在籍していることがわかれば、その人は給料を得ていると
確認することができますので、大口の融資とは異なって
こうした簡単な方法が実践されているわけです。
このように、カードローンの審査基準とその方法ははっきりとしているのです。

カードローン情報

目的別ローン